FC2ブログ
麻雀ブログに復活。ブログ名も最初のものに。酒レビューもあります。
獺祭 焼酎
2018年05月02日 (水) | 編集 |
よくわからない時期に更新します。このブログは決して廃棄したわけではありませんので。

写真を持ってくるのが面倒のため写真無しの中で、酒のレビューとはいかがなものではある。しかし、先ほど飲んだ「獺祭 焼酎」について書きたくなっての記事である。

まず、どこで買えるか。

池袋の東武デパートの坂売り場、ここにたくさん置いてある。他の日本酒の獺祭と共にある。ついでに言うと、日本酒の購入も非常にしやすい。西武で売り切れていても、東武なら買えることも少なくない。

近頃、池袋東武の酒売り場がリニューアルされ、以前の、本当に以前の7~8年前くらいの規模にようやく戻った。場所も以前の地下1階に返り咲き、売り方もパワーアップしている。東武の酒売り場が縮小する中で、西武の日本酒売り場は躍進を遂げ、日本酒販売日本一になったようだが、ほぼすべての日本酒を冷蔵で販売しているところが大きいだろう。しかし、現在の東武の酒売り場はそれ以上の規模である。ここで買わない手はないだろう。

さて、本題の「獺祭 焼酎」だが、39度という原酒のアルコール度数にして、甘い香り、すなわち日本酒獺祭の香りが色濃く反映されている。確かに焼酎のために日本酒とは異なる味わいだが、香りに関しては日本酒のそれを色濃く反映しており、焼酎も飲める人にとっては獺祭の日本酒よりも好みになる可能性が十分にある。

酒粕焼酎であり、私は実は焼酎をよく飲む割には初めてのジャンルであったのだが(酒粕は苦手である)、香りの強さ、というか華やかさは中々のものである。現在は珍しさのほうが勝るかもしれないが…長期的には普通にお勧めできる焼酎であると、初めて飲んだ上で感じた次第であった。
スポンサーサイト