FC2ブログ
麻雀ブログに復活。ブログ名も最初のものに。酒レビューもあります。
ロン2段位の天鳳換算(案)
2011年12月13日 (火) | 編集 |
最近、麻雀ブログ大賞でどこに投票するか非常に悩んでいる。

方向性を定めて、候補になっているブログは考えているものの、2つに絞るのがあまりにも難しい。天鳳チケットはいらないので(もらえるなら欲しいのは当たり前だけど)、じっくり考えてから記事にしたいと思います。あまり清くない一票(いや三票、自分にも入るから五票なのかな)だけれども、せっかく投票権があるので何らかの形で参加しようと思います。

さて、今日はロン2視点での記事だけれども、本来自分はロン2メインのネット麻雀ユーザー。天鳳始めてからは天鳳の操作性に感銘して、下手すりゃ半荘で1時間はかかるかというロン2はあまり打たなくなったのが1点。

そして何よりも連盟が所属プロの書いたブログに言論統制をする閉鎖性に憤りを感じ、しまいには今回の十段戦の放送の醜態。こんなんじゃロン2なんか打ちたくなくなるのも当然。

とは言っても、ロン2ユーザーに腹を立てているわけではないのでロン2自体は続けようとその後思い直した。連盟に金を払うのはだんだんいやになってきて打たない時期は課金を止めてはいるし、ロン2では「ひとこと」欄というのがあって、140字までの自己紹介もできるのだけれども、そこでのコメントが十段戦直後に思い余って書いた辛辣かつあまり品の無い連盟批判のコメントのままにはなっているにも関わらずロン2は続けている。

今回ロン2視点で書くのも、ネット麻雀最強はどこかと言ったら、僕は以前から決して天鳳ではなくロン2ではないかと思い続けているところによる。

もちろん、自分は天鳳では特上止まりだし、ロン2でもR1700台にしばらく留まれた程度で、それぞれの「強者」との対戦は少ないのだけれども、色々と少ない体験などから考えると、ロン2での強者は少なくとも天鳳のそれに勝るとも劣らないのではないか、と。

天鳳メインで打つ人は、いつも打っている天鳳が最強だと思うかもしれないけど、それだけじゃ十段戦で某プロが言い放った「我々の団体が唯一のプロ団体だ云々」とあまり変わらないのではないだろうかと感じる所も少なくない。そこでそれぞれのネット麻雀サイトを比較する必要性を感じ、今回はロン2に関わる過去からのブログ等をリンク(引用)してロン2ユーザーの強さを考えて見たい。

その前に一応、段位換算の結論を先に。これは随分以前から色々考えていて、やっとある程度まとまってきた。基本的には「ロン2三倍段」であるけれども、ちょっとそこからは前後する。

ロン2初段≒天鳳五段
ロン2二段≒天鳳七段
ロン2三段≒天鳳九段
ロン2四段≒天鳳十段
ロン2五段≒天鳳位


これくらいが考えた上での自分なりの段位換算。

そこでロン2ユーザーについて考えていいきます(特に過去の記事)。

自分が月刊ネット麻雀でブログをチェックし始めたのは2年くらい前。当時の戦術ブログで非常に内容が充実していたブログがありました。それがこのブログです。
赤入り麻雀戦術研究~最速の和了を目指して~

この作者の@テンテン@さんはロン2三段の強者でもあるが、当時の月間ネット麻雀のブログの内容を見て、「@テンテン@さん、最強!!」と自分の中では思っていたものだった。他の天鳳ブログの内容よりもずっとすごいと思っていた。

しかし、@テンテン@さん、去年の年末を最後にブログの更新がない…。ただ、ロン2の個人成績は見れるので、そこで見て見るとロン2は打ち続けてそう。

それより以前のロン2記事といえば、にせ悟空さんのブログがあって(リンクは「ロン2退会の記事」)、ロン2ブロガーが今よりも多い時代がどうだったのかがわかる。ユーザーの強者は本当に強かったんだと。しかし、「過去に強い人がいた」ではなく、今も同様に強者はかなりいることも同時に間違いないはず。

同じくらいの時期の記事は、最近復活した理想雀士さんのブログでも、過去の記事はロン2が多いことがわかる(リンクは2007年5月の記事)。

こうした強者の方々が、天鳳に移ってどれだけの成績を出しているかによって、ある程度の判断をするしかない。こうした面から「ロン2三段≒天鳳九段」くらいはある程度妥当かなとも思う。

「ロン2二段≒天鳳七段」は次のブログの記事がその判断に大きく関わる。
やましただいちゃんブログ。

リンクはロン2記事をまとめたカテゴリのところです。山下ダイスケさんは天鳳では鳳凰卓経験者でもありますが、リンクした記事をみるとロン2二段まであと一歩のところまで行きつつもとどかなかったようです。

鳳凰卓に上がれる強者でもロン2二段になれるのは微妙なところということが見えてくる。ここは僕は二段も鳳凰も共にもう一歩なので、自分の実感としても「ロン2二段≒天鳳七段」は実感するところ。

「ロン2初段≒天鳳五段」は自分で打った感覚として感じる。ロン2はR1400スタートでR1600まで上がった上で至近の平均順位(東風と半荘で異なる)が2.2あれば昇段できる。このR1600だけを見ると、天鳳のRに慣れた人には低く感じるかもしれないが、実際にはロン2のRは天鳳と比べても結果的に上がりにくい。天鳳は卓平均Rがやたらと高くて、上卓でも1650はあるけども、ロン2でR1650の人といったら結構強い。R1700に上げたかったら、結構強いR1650付近の人には十分に勝ちこさないといけなくて厳しい。

早い話、ロン2のR1600は十分に天鳳の特上平均はある。だから、ロン2初段すなわちR1600は天鳳五段はあるという実感に至ったということになる。

ただ、正直ロン2四段以上は推測でしかない。もしかしたら、ロン2四段で天鳳位と同程度なのかもしれないし、そこはわからない。

そして現在のロン2ブログを見ると、月刊ネット麻雀に登録しているアクティブなロン2ユーザーではぶっちさんが主に活躍しているブロガーの一人。月刊ネット麻雀はどうしても天鳳ブログが多い。そんな中、ロン2三段というどう考えても鉄板強者なぶっちさんには天鳳でもすぐに鳳凰卓に上がって力を発揮してほしいなあ…と、ぶっちさんが天鳳を始めたという記事を見た時から勝手に思ってい続けているところです。

ただ、ロン2ブログは月刊ネット麻雀に登録された以外にもあり、決して少なくはないようなので、今後の色々なロン2ブログにも期待していきたいと思う。

結局、ロン2から離れたくはない僕でありました。
スポンサーサイト




ロン2に結局復帰して…
2011年06月30日 (木) | 編集 |
ロン2は保留会員をずっと続けていて、6か月超えると記録が抹消されてしまう。もう、そのまま消してしまうつもりもけっこうあったのだけど、結局は記録が消える1日前の6月19日に会員登録を再開することにした。

もうロン2は止めようかと思ったけど、まだ結論を下すには早いかなと思ってとりあえずは消さないことに。

大体、最近は麻雀よりもポケモンバトルに向けてタマゴ孵化からのポケモン育成や、ポケモンドリームワールドというポケモンとネットがつながったポケモン育成のほうに関心が移っていて、麻雀自体が保存になっているのであった。

麻雀でラスるとかでかいダマを喰らって順位落とすとか、精神衛生に良くないことが多くって…。もともと気が決して長くはない方なので麻雀を長期的にやるには向いていないのだと思うことも少なくない。

とりあえず、ロン2復帰したので、その日は打たなかったけど、後日5戦行って。14322だったかな…。Rが2下がったので、これより負けてたかもしれないけど、しばらく打ってなかったから、まあこんなもんではないかな。

今年の夏は海外出張が3週間も入っていて、暇が全然ないって…。去年なんて仕事の閑散期でフリーにも打ちにけっこう行けたんだが今年は無理そう。小型ノートパソコンを買えば出張先にも持って行って夜にはネット麻雀打ち放題なんだけど、そのためだけに5万ほど出して買うのがもったいない。

とりあえず、今年の夏は出張手当で3DSでも買って持っていくくらいになりそう。ゼルダの伝説が出たようで、懐かしいなあ。NINTENDO64の名作であるし、「迷いの森(サリアの歌)」はゲーム音楽の中でも屈指の名曲だと思う。

↓これで作業することも多し。



ロン2退会へ
2010年12月12日 (日) | 編集 |
ロン2の課金を止めた。

1800戦以上打ったロン2だけれど、ここ最近はほとんど打たずにただ課金するのみだった。それもクレジットカード決済だったので自動的に30日につき525円が引かれてゆく。

ロン2は課金しない限り会員ではいられない。天鳳であれば課金が切れても無料のモードで180日に一度でも打てばIDが残されるのだが。

最近は連盟にただ金を払うだけになるのが疑問だった。天鳳のほうがユーザーの手で作り上げているネット麻雀という感があるが、ロン2ではそんな感じもしない。

そこでRが1480割ったら退会するかと考えていたが、平均してR1650ほどで安定する時期が長かっただけにまずそこまで落ちやしないと思っていたら…。

地獄モードを引いて本当にR1475まで落ちてしまった。

いかに最近が地獄だったかは通算成績との比較で見てみるとどうだろうか。

H22 12.12 ロン2最後の成績⑤

H22 12.12 ロン2最後の成績⑥

H22 12.12 ロン2最後の成績⑦

初めは赤ナシだったのが最近は赤アリが多かったので平均得点やドラ数は同じ視点では見れないが、特に最近の平均順位が2.75というのがこれまででも最悪のレベル。通算では2.45~2.46はあったのがそこの下降にも影響している。

この成績降下の元凶はダマに当たりすぎとテンパイでアガれずのダブルパンチという感覚が強いが、ダマに当たるかどうかは表から見ることは不可能。テンパイでアガれずはリーチ成功率からある程度は見ることができる。何と100戦でリーチ和了率が4割を切るという驚異のリーチ失敗率。これまでの通算では55%近くあった中でこれでは酷い。別に悪形待ちが多かったわけでもないし、全てが悪形でもここまでリーチに失敗しないんじゃないだろうか。調子のいい時では成功率は6割超えることもある中、成功率4割というのはアガれないだけでなく、追っかけに掴むなどのことも多かったわけだ。

まさかのR激減。ただでさえR1750前後からR1600近くに下がっただけでなくそこからさらに2段階目の地獄が来て一気にこうなってしまった。

ロン2は天鳳に比べると時間がかかるのも確か。天鳳の快適さの中ではもはやロン2に何の意義も見出せない以上は、ここで止めるのにちょうどいい機会だったと考えている。

また、最近は特にロン2の段位に魅力をほとんど感じなくなってきたのも事実。天鳳の段位のほうが、ネット麻雀上において幅広く認知されていると考えるし、その段位を上げようと力も入れたくなるものだ。

ネット麻雀を止める時は、大抵は放置することによってIDが消えるのを待つというのが多いだろうか。ロン2は一発退会もできるものの、課金を止めてそのうち消えるのを待つという形で3年ほど続けたロン2を終えることにしようと思う。

このブログの名に「ロン2」と入っており、名称変更で消すこともできるが、少なくともロン2を続けていたわけであり、記事もいくつかは残っているので、名称は変更せずにこのままにしておきたい。

ツイていれば何とかなる―ロン2編
2010年07月04日 (日) | 編集 |
ロン2を解禁して6戦打った。
順位は224121と、Rは今日で16上がって1671に。

とりあえず4戦打ったあとで、寝る前に2戦打つことにしたのだけれど、なかなかヘボい打ち方ながらも運良く2位1位と取れたので、ちょっと振り返ります。

1日に2度ブログ更新は初めてなんですが、書いたらすぐ寝ます…。

けっこういい調子でアガって、トップ目でいたところに二件連続リーチが掛かる。

H22 7.4 2件連続リーチは焦る

んで、焦ってとりあえず後にリーチ掛けた対面に通って、端牌の9ピン切ってド高めに一発で振るの図。
今、冷静に見れば、2家のスジの2ピンだけど、両方とも5ピン捨てているとは焦って気付いていなかった。(後日追加。8ソウがノーチャンスでした。こっちのほうを捨てるべきかも)
かなりの反省材料。

その後対面にアガられて、僅差の3位で迎えたオーラス。
リーチバトルでは2位と3位の差もけっこう大きい。2万点分に相当するので、ここは何としてもアガりたいところ。天鳳と違うのは、ここはラスるのを恐れずに2位を目指すべきという点だろう。

H22 7.4 なんとか後付けで2位浮上

後付けで2位に浮上。ここらへんは天鳳やってて身に付けた打ち方で、以前だったら出来なかったな…と思う。


2戦目(本日6戦目)

やたらとツモられる。

H22 7.4 ツモられ①


この程度ならよくあるけれど。1局おいて次でちょっと焦ってくる(下の写真、アガリ牌が点滅して消えたところで写真撮ってしまったので見えないのだけど)。

H22 7.4 1局おいてツモられ②

親かぶりではなかったものの、リーチ掛けたリー棒分マイナスで、なんだか空気ラスの雰囲気。
そこで次の局ではテンパったものの、出そうな北は2枚切れで8ソウ残り2枚じゃ厳しいと思って7ソウ引きに期待して1順役なしダマにするが、上家が7ソウ切った直後、もうさすがに出ないだろうと思って無理やりリーチを掛ける。そうしたら上家の親が追っかけでもう万事休すの様相。しまいには対面までリーチを掛けるのだが…。

H22 7.4 こんなんよくアガったな

なんと、薄い8ソウが奇跡的に出て、さらに奇跡的なことには、それが裏ドラになるとは!!

そしてオーラス。ちょっと厳しいが親でテンパったし、ある程度の可能性にかけてカンチャン待ち即リーをする。

H22 7.4 こんなんよく一発で出たな

なんと、一発で出て、その一発のおかげでトップ浮上で終了!!
なんとも運だけの麻雀ですが、自分も逆に「なんでこんなん当たるんだよ!」って思いたくなることもあるから、たまにはこんな勝ち方もいいのかな。

R1700復帰が見えてきたけれど、やはり焦らず、一歩一歩、Rを取り戻していこう。





ひさびさのロン2
2010年06月05日 (土) | 編集 |
仕事が忙しい中更新しております。
しかも、ひさびさのロン2って、実際に打ったのは今週の日曜で6日も前のことだし。

もともとロン2がメインの自分としては、ロン2のRが全ての麻雀の中で、最優先されるものだった。たとえ普段は打たないピンを打つことになっても、ここで負けてもいいからロン2だけは勝たせてと願っていたものでした。

あまりにもロン2で負けた時はそりゃもう…(割愛)。

3か月以上ぶりのロン2開始です!
赤ナシ好きだが、東風戦にしておきたいのでリーチバトルを。

第1戦…

H22 5.31? 久々のロン2。トップ

トップです!ありがとうございました!(ダマかよ…振らなくてよかった…。)

第2戦…

H22 5.31? 久々のロン2。2戦目。北は危なかったけど他に安牌なかった。この後3位。

ここは苦しい戦いでしたよ。この局を逃げ切ったのでなんとか3位。天鳳と違ってラス回避でもそんなに意味は大きくないが、ラスよりは3位のほうがRも下がらない。無理しないのも大切。
しかし、リーチには大丈夫と思っても、6順目の北切りは怖かった。もしも上家が四萬の代わりに北だったらゾッとするもんな…。

何としてもR1800超えで二段を取りたい。
順位率はクリアしているんですよ。

H22 6.1? 順位率はクリアの画面

現時点で2.07。連ラスでも2.10のはずで、Rが1815くらいになれば、あとはラスっちゃっても全くOKなわけで。
R1750くらいまではなんとか行くんだけどもねえ。この前もそこからの地獄モードがひどくて。

H22 6.1? 地獄モードのグラフ

70戦足らずでR150は溶かすというロン2名物地獄モード。いや、ロン2では地獄モードなんていう用語はないのかもしれないんだけど、これがロン2休止の大きな原因であるとかないとか。

そういや、名前は「雪魔道士」ではないね。ええ。もともとロン2では別の名前で1500試合打っていたのだが、先の地獄モードでなんだかいかれてしまったのか、短期間にニックネームを二度変えるという暴挙に出た。

んで、再び始めるにあたり、以前の名前と「雪魔道士」のイメージとを合わせてこの名前にしましたとさ。
これからは、ロン2、この名前でいきますよ。