FC2ブログ
麻雀ブログに復活。ブログ名も最初のものに。酒レビューもあります。
昨日の記事の箇条書き 正攻法で裏技無しのマックスレイドポケモン厳選
2020年06月02日 (火) | 編集 |
基本的に長い文書を書き続ける時は、自分のメモ的なところがあるのであまり人が見ることを考慮していません。

そこで、多少は検索で来る可能性を考えて、箇条書きでまとめた、
「ポケモン剣盾 マックスレイドでのポケモン厳選 正攻法での裏技無しの方法 switch時計は絶対にいじらず変えず(日付変更せず) ねがいのかたまりの結果は全て受け入れる(リセット技無し) バグなし バグ利用なし」
くらいの、目的がある人の検索にも引っかかりやすいようにしたものを再掲してみます。まあ、普通にやってたら誰でも気づきそうな内容ですが、自分でも必要なところだけが見やすいように。
なお、内容が昨日と比べるとある程度変わっています。また、ブログ表記の1行に収めるため、漢字表記や省略など色々と表記に調整あり。

ねがいのかたまりを使ったポケモン厳選
 ・強制直前レポートで、結果の不変が仕様です。結果は全て受け入れましょう。
 ・光の柱を立てた後に何度リセットしても同じポケモンが出ます。
  バトルに勝利してから、再び願いの塊を使えば、別のポケモンが出ます。

ねがいのかたまりによる通常(細い)柱と、レア(太い・紫)の柱の確率
 ・多分、通常柱8本に合わせてレア率は8分の1。体感としても。
  毎回自分で統計を取ればいいんですけどね……。
  裏技前提だと確率がどうでもよいという人もいるのかもしれないが。
  ただ、正攻法では最重要。願いの塊は貴重です。
  出ない時は、本当に20回やっても出ません。
  逆に、8回で2度出ることもそこそこあります。
 ・レア柱で☆5の時のみ5%という出現率のポケモンが多いが…
  出現推定確率は約0.2%!
  上記の計算は
  1/8(レア柱率).÷3(☆5率)×0.05(5%出現) =0.002083333
  500回に1回くらい。
 ・例えばキョダイラプラスを自力で引くためには…
  ねがいのかたまり500個でも150万ワット。
  上記の確率だとすれば、500個使っても約35.3%の確率で1度も出ません。
 ・イベントを待つのも良い手です。ちょうど今日(令和2.6.2)から始まります。
  自分はシールド版なのだが……ううっ……。
  イベント期間でなければ粘って出すのですが、やり方と確率は考えます。
  確率低いからと言って、対戦用に裏技使うなどもってのほかです。
  時計をいじる人は、ローカルでのみポケモンしましょう。ネット対戦厳禁。

ここからが本番!裏技一切無しでマックスレイドポケモン厳選
 ・確率は1/8ほどですが、とにかく粘ってレア(紫)柱を出しましょう。
 ・レア柱が出たら、とりあえず確認。
  同じ姿でも強さは違うので、一度戦ってみる。
  気に入らなければリセット。
  この時点で厳密な「正攻法」ではないが、「裏技無し」ではある。
 ・リセット後、リアルで1日待ちます。正確には午前零時を超えるまで待ちます。
  寝て待ってもいいですし、午前零時越えの夜中に確認してもよいです。
 ・1日待てば、柱の位置や種類(通常orレア)は変わらずに立ったままです。
  なお、2000ワット獲得できるようにもなっています。
  そして、柱の場所や種類は同じですが、
  1日待ったおかげで別のポケモンになっています
 ・上記で2日目でも気に入らなければさらに1日放置します。
 ・この繰り返しでねがいのかたまりを節約できます。
  レア柱出すまでの時間も節約できます。
  ポケモンにそれほど時間をかけられない場合に非常に向いた方法です。

上記の裏技無しでのマックスレイドポケモン厳選の注意点
 ・通常の柱の8本に関しては、8本すべて消せばその直後に再び8本立ちます。
  よって、周回できるのですが…
  自分で立てた柱があると、直後の柱再生はありません。
  午前零時を超えると8本再生します。

  よって、周回にはまったく向きません。
  時間があれば、ハズレのレア柱を戦って消し、周回したほうがワット稼げます。
 ・さらに、自分でレアを立てると自然に立つ柱からレアが出ないことがあります。
  自然の柱を1本でも消し忘れると翌日に8本立たないはず。これもやっかい。
 ・ポケモンのマックスレイド周回以外にもやることはいくらでもあります。
  仕事上や学校での勉強してもよいですし。
  レア柱残しで毎日チェックする場合、マックスレイドは1周のほかには…
  バトルタワーをやるのも良いでしょう。
 ・確率が低すぎると2カ月経っても出てきません。
  レア柱立てばせめて出現率20%はあるものがよいかも。
  先ほどのキョダイラプラスの例では、レア立った後でも推定出現率1.66666%。
  60日経って1回も出てこない確率が36.5%もあります。
  ただ、マックスレイド周回の予定がなければ…
  ちょっとした運試しにも良いので、アリとは思います。

裏技無しでは非常に大切!ねがいのかたまりの大量入手
 ・基本はマックスレイド周回でワットを稼ぎます。
  これに勝るものはありません。
 ・マックスレイドの周回速度を上げるのが基本。
  戦闘アニメーションはオフにするのが必須。
 ・強いポケモンが基本ですが…
  ☆5だとレベル100でも仲間の引きが悪いと連敗する場合もあります。
 ・たまに釣り人や山男から100Wでもらえたり、地面に落ちてたりします。
  毎回確認。
 ・穴掘り兄弟左から掘ってもらうのも手。
  確率としては約10分の1。よって1個5000ワット相当。
  このままでは損ではあるが…
  同時にぎんのおうかんが20分の1ほどで手に入る。
  ソード版ならリュウのかせきも大事か。
  確率的には、1万ワットで願いの塊2個、銀の王冠1個が当たる。
  願いの塊1個3000ワットで計算すれば銀の王冠4000ワットで買えるに等しい。
  ポケモン育成ならば、厳選と同時に銀の王冠も大事なので、一考の余地あり。
  掘るのに時間がかかるのが問題ではある。
 ・自分で立てた柱を活用すれば…
  1日1周の場合は2000ワット多くもらえるのでむしろ得になりうる場合も。
 ・お金稼ぎと同時なら1日1回トーナメントをするのも良いが…
  ねがいのかたまり自体の効率はあまり良くない。

スポンサーサイト




今さらのポケモン剣盾 裏技一切無しのマックスレイドバトル
2020年06月01日 (月) | 編集 |
昨今の武漢肺炎による緊急事態のために家にいる時間も長くなった影響で、ポケモン剣盾を再開してみた。

発売日に買ったにもかかわらず早期特典をもらい忘れて期限切れ。その上でバッジ3つあたりで止まっていた。それを再開したらけっこうおもしろくなってきたのでそのまま一気に殿堂入り(もう、この用語は使っていない?)してから、マックスレイドを結構やるように。

ただ、マックスレイドに関しては裏技の話が多く、それが前提の情報だったりで、裏技無しで効率よくやるにはどうしたら良いかが中々ネットでも探せない。発売当時なら色々出ていたのかもしれないが……。今となっては検索でも中々出てこない。
そこで、自分なりにある程度時間をかけて探してみたわけです。

ねがいのかたまり関係のリセット無し、時計いじらず(時間操作無し)、などの正攻法でほしいポケモンを見つけるにはどうしたらよいかということになります。もっとも、時計いじりなど元から問題外の行為なのですが。

かなり基本的なところから、自分用メモという観点も含めて気づいたことをまとめてみます。

まず、ポケモン巣穴から出る光の柱の数は8つ。その中で、
通常7本、レア(紫・太い)が1本
の光の柱となることは基本。
この8本でレイドバトルに全て勝利すると、直後にまた8本復活します(例外条件あり)。

【翌日追記】
上記は全く「基本」ではありませんでした。
8本とも「通常の柱」になることを確認。
これは、下記にあるのですが「ねがいのかたまり」で出した柱を残す、少なくとも「レア」を残すと、通常の柱を全て消した翌日に柱が8本復活するとき、レアが出なくなる場合があるということなのでしょう。
普通に柱が復活する時は必ずレアが1本は出るように調整すると考えられる。同時に1本までしか出ないようにも調整されているけど。ただ、ねがいのかたまりでレアを残して柱を復活させた時には必ず1本出るという保証がなく、ただ確率通りにレアが出ることになると考えられるのです。前日は同じ条件でレアが1本出てましたので。ただ、この時にレアが1本までなのかどうかは確認できていません。
とりあえず、下記にあるのですが、ダイマックスロトムを狙っていて、レアで出る巣穴で3日目もハズレました。明日も再挑戦するので、その時に自然発生の柱がどうなっているか確認する予定です。
しかし、3日とも☆3が連続で、ピカチュウ、バチュル、ピカチュウです。まあ、「ブチ切れ」したいところですが、4日目に突入させます。これが我慢できないと「裏技無し」を遂行できませんので。いや、「遂行できない」は言い過ぎとして、戦って新しい巣穴を出しても別にいいのですがね。あまり裏技と比較はしたくないものの、裏技動画で時計をいじった人がどの日でもロトムばかりというのを見たことがありますが、それと比べるとあまりにも不運ではある。☆3なら20%ですが、☆4は80%、☆5だと90%でロトムなら何でもよければ出てくるとのことですから、☆3~☆5が均等に出るなら63.3%で、どちらかと言うと3日続けて出てきてもおかしくはない話。下記でどれほどついていないことが多いかと書いていますが、こんなのがいつもどおりですね。
ついでに書くと、本当に63.3%なら、3日続けて外す確率はほぼ5%です。本当に自分、「5%の不運を50%の確率で引く」くらいにやたらと計算上の不運の5%を引くのですが……。「かみなりのキバ」も「あくうせつだん」も「エアロブラスト」も、本当に外していることのほうが絶対多いもん。多い、のは言い過ぎでも確率以上に頻繁に外しているって。
1日経って間違いがわかったために追記しているついでに色々書いていますが、ここがある意味結論の後に書いた本当の結論。「計算上5%の不運が5割で起こることが続く」ことがあっても、へこたれずに行きましょう。「仕様上無制限にやり直してはいけない」となっているものを破れば、やはりルール違反、特に「不具合の悪用」となり、ネットゲームの場合はアカウント停止すらあり得るというほどなのです(ただ、私としては、オンラインゲームで「不具合の悪用」を理由にアカウント停止することに関しては、運営のやり方によっては運営側を絶対に許せないケースもある。ドラクエのとある事例のように。)。時計いじりのような、明らかに意図的な不具合の悪用で出したポケモンを絶対にネットに出してはいけない。時計をいじったポケモンに関係している(タマゴで生まれたのも含む)ポケモンは絶対にネット対戦に出してはいけないのですよ。ねがいのかたまりリセットもこの「不具合の悪用」に含まれると思いますがね。
不具合を悪用に関係したポケモンが分からなくなったら、可能性のあるポケモンはすべてローカルだけで使うべきだ。別にローカルだけで使うのなら、いくら裏技を使おうとも構わない。ただ、ネットに出して対戦させる資格など絶対にない。そんなポケモンばかりの人は、1から育成をやり直すべきだ。【翌日追記 終わる】

8本のうち数本消す(数回勝利)後に日付が変わると、残った本数で位置等が変わって再び光の柱が立ちます。
この時、例えば6本残した時に「通常」か「レア」かは再度抽選の模様。
というのも、レア柱残しで日付が変わった時、レアが消えてしまったということがあった。レア含めて6本あったのがレアが消えて6本になってしまったため。
逆に、記憶はややあいまいだが、レアを消した次の日にまたレアが出てきたという記憶はある。

次の日に光の柱を残す場合、レア(紫)の柱はやっておいたほうがよい。

ねがいのかたまりでレア(紫)が出る確率は?
多分8分の1。ただ、出ないときは本当に出ない。昨日、22回目でようやく出た(しかもハズレ)ということもあるので。ただ、22回目で出るのも確率が1/8ならば計算上は5.3%くらいは起こるようで、命中率95%の攻撃を外すよりも高い確率。命中率95%って結構外しますが、それより確率が高いということ。そりゃ、10回超えるのが頻繁なのも納得だわ……。こればっかりは覚悟しないといけない。ただ、1回目で出たことや7回くらいで2つ出たこともあるので、何とも言えない。

ねがいのかたまりを手に入れるには何が良いか?
光の柱8本全て戦い、何週もしてワット(W)を手に入れるしかない。裏技を使わないならこれしかない。清く正しく正攻法でやっていきましょう。

ただ、周回を早くするということはできるので、効率を良くするにはそれに尽きる。
簡単な手としては「戦闘アニメーションをオフ」。これだけで結構違う。長い間戦闘アニメーションをオンにしてやっていたので実感できますわ…時間がもったいなかった。
あとは、自分のような復帰勢でも分かりやすいやり方としてはレベルは100にしてムゲンダイナ、ザシアン・ザマゼンタは必須で、自分はシールドだからザマゼンタの火力不足にはウオノラゴンで補うなど。
どうせソロだったらムゲンダイナのダイマックス砲のアニメーション時間が長いのもオフにしてしまえば問題ない。ムゲンダイナが苦手な相手にザマゼンタやウオノラゴンで良いのではないか。この3匹にそれぞれ色々なタイプの攻撃技を持たせて、ちょっと足りないなと思ったのは、今のところ電気タイプと地面タイプくらいかと。
何匹も揃える時間もかかるわけで、ソードならムゲンダイナ+ザシアンで十分とは思う。

なお、ねがいのかたまりを手に入れる際、多少時間がかかっても良いのなら穴掘り兄弟も考慮に入る。
どうやら確率的には10回で1個くらいに収束するようなので、5000Wで1個ということは直接買う3000Wに比べると割高にはなる。しかし、
付随して手に入る「ぎんのおうかん」が20回に1個くらいは手に入る確率の模様。
つまり、
「10000W」で「ねがいのかたまり2個」+「ぎんのおうかん1個」ということ。ねがいのかたまりを手に入れるついでであれば、多少時間はかかるが「4000Wでぎんのおうかんが1個買える」に等しい。
ぎんのおうかんならバトルタワーで13勝で1個買えるので、どちらが効率がよいのかわからない。ただ、ポケモン厳選にBPを使うには、むしろ性格による能力補正を変える「ミント」や特性を変える「とくせいカプセル」のほうが優先されるケースも多いと思うので、ぎんのおうかんを増やすならば穴掘り兄弟がよいと思っている。ぎんのおうかんならマックスレイドバトル中にもいくらか手に入るので、穴掘り費を稼ぐためにマックスレイドを周回するついでにぎんのおうかんをどんどん増やすこともできるだろう。

いろいろ厳選するには「強くする」ためでもあり、それにはたまたまマックスレイドでつかまえたポケモンに「ぎんのおうかん2個」あれば一発で解決するケースもある。よって、ねがいのかたまりと同時にぎんのおうかんを手に入れようというのは1つの手ではないか。ただ、穴掘りにはそれなりの時間がかかるのは難点だが。
10連穴掘り、100連穴掘りの実装が望まれる(ドラクエの福引きかよ…まあ、ネタですが)。
あと、ソード版で狙った強さのウオノラゴンが欲しいならばやはりかなりの穴掘りが必要なので、穴掘りの優先度はソード版のほうが高いかも。

ねがいのかたまりで出した光の柱、裏技一切無しでなんとか欲しいポケモンを厳選したい……。
リアル時間をかける手で出来ます。

ねがいのかたまりで出した柱は、自分で他の場所でねがいのかたまりを使わない限り、何日経っても場所も変わらなければ通常かレアかも変わりなく残り続けます。
よって、
レア柱で望み通りのポケモンが出なければ、放っておいて、リアルに次の日に行けば別のポケモンになっています。
これで解決。

このことは間違いないと確認しています。今のところ、2日続けてハズレだが…(ロトム欲しいのにピカチュウとかバチュルとか…おい、22個使ったんだぜ…)。
ねがいのかたまりを使った日には出なかった2000Wも、次の日に行けば出てくるので、多少おトクになる面も無いわけでは無い。

ただし、問題は多少あり。
まず、自分で出した光の柱があると、8本全て消してもその日の内には自然発生の光の柱は一切復活しません。
日付が変われば自然発生の光の柱は復活します。
そのため、1日に何周もしてワットを稼いだりポケモンを捕まえたりするのには非常に相性が悪いです。

まあ、他にもやることはいくらでもあるので(ポケモン以外のことでも)、やることを変えれば良いだけのこと。狙ったポケモンが出なかったら、「待つ」、ということで解決です。その時間で色々なことをしましょう。

この「リアルで日付が変わるのを待つ」は、1日のゲーム終了前に試すのも1つの手。夜10時くらいに運試しでねがいのかたまりを使い、レアが出るまで粘り(ここで予想外に時間を使う恐れもありますが。レア出るまで20回以上かかるという他に、例えばロトム探しでは☆5のストリンダーが結構強く、対策をしないと結構巣穴から吹き飛ばされる、など)、お目当てのポケモンでなければ寝て待つか深夜0時(12時)を超えてから確認するということで試行回数を少なくとも2回にはできます。
それでもだめなら、「さらに1日待つ」か、マックスレイド周回する時間がある日なら「あきらめて戦う」ということになるでしょうか。

また、この方法も出現率5%くらいだと運が悪ければ2か月以上かかるわけで、せめてレアから20%くらいは出そうなものにしないと厳しいかも。
メタモンの場合に例えば「夢特性」「5V」「欲しい性格(3Vでも可)」のどれか1つでもあれば良いというならば20%くらいはありそう(もう少し低い?「欲しい性格」の数にもよるが)なので、これくらいならいいかな、と。ロトムなら何でも良いというのも60%くらいで大丈夫そうなのだが…2日続けて外しているのだが!?
ただ、例えばキョダイラプラスが欲しいということになると、どうやらレアの柱から5%なので、毎日コツコツと調べるということをして14日目で5割、30日経っても78%ほど。しかも、「夢特性」のがどうしても欲しいということになるとさらに確率は下がるので、仮に2%としても、30日経っても45%程度、60日で70%程度と、かなりの長期戦に。こんなことをしているうちにイベントで出現しそう(前に一度イベントがあったようだが)。実際にはもっと確率低いかもですし。

ただ、今作では「ミント1個」50BP、「ぎんのおうかん6個」150BP、「とくせいカプセル1個」50BP、の3種類で「夢特性が欲しい」「キョダイマックスが欲しい」という場合を除いて全項目が「ダメかも」のポケモンでも使えるようになります。250BPですが、バトルタワーで125戦すれば良いわけで、どちらが時間がかかるかの天秤です。ただ、さすがにここまでフルでドーピングするケースはあまりないでしょう。
実際には「性格が合わない3V」という育成上ではイマイチのポケモンでも、ミント1個50BPにぎんのおうかん3個75BPの125BP、63戦で十分です。色々厳選する時間があるならそれと比較しても、アニメーションオフで伝説のポケモンで臨めばそんなに時間がかかるわけでもない。けっこう「厳選」にはものすごい時間がかかっていたりするので、あくまでもそれとの比較ですが。

まあ、「育成」には「運」がつきもので、いい運を引いてきたときの楽しさがあって育成しているというのもあるのですが。

ちょっと話はそれましたが、裏技無しで「ポケモンを強く」するには、やり方を工夫して見方を変えれば裏技ありと比較してもそれほど時間的な遜色があるわけでもありません。むしろ、色々なポケモンやアイテムも手に入りますし、何よりも堂々と自分は正攻法だと言えます。ねがいのかたまりで「外れ」だったポケモンでも、たまたま6Vだったりするもので、特にオスだったらタマゴグループさえ合えばメタモンでなくても良いわけです。実際、私はねがいのかたまりで出た光の柱も全て戦い、マックスレイド戦全体で今のところ2匹6Vがいます(キョダイマックスでない普通のダイマックスで。ダイマックスレベル等を見るに両方とも多分☆4から根性と幸運で6Vになったと思われる)。「りくじょう」「かいじゅう」「ドラゴン」なら、メタモン無しでいけます。

通常の柱で戦えば、たまにぎんのおうかんが出ることもあります。けいけんアメもたまります。技レコードも増えます。これは裏技使って戦いを回避したりしていると進まないのではないでしょうか。まあ、アメは余り過ぎていますが。また、トライアタックなんてメタモン探しだとやたらと増え、50個以上ある勢いですし。

バトルタワーに行くのも良しです。これに裏技もへったくれも無く、基本的には平等にポケモンを強化できるでしょう。ムゲンダイナ+ザシアンorザマゼンタにあと適当な1匹で何とかなるので。ここは努力値等はちゃんと振るという基本があれば十分です。

ただ、私も普通のリセットはやらないわけではありません。ウオノラゴンでは5~6匹一気に復元してダメならリセットとか、バトルタワーではランダムに手に入るミントを途中から気づいて、「ひかえめ」「いじっぱり」「おくびょう」「ようき」以外はリセットでやり直しています。何せ50BP相当ですからね……。これはドラクエ10のようなオンラインなら、どんな結果も受け入れざるを得ないのですが、仕様上できることなので裏技でもなんでもなく問題ないと考えています。
ただ、「ねがいのかたまり」「穴掘り兄弟」は仕様として「リセットできない」ということが公式ですから、これには従い、このことから外れる場合はやはり「正規の方法ではない」と考えるしかありません。「穴掘り兄弟」は結果の回避は不可ですが、「ねがいのかたまり」も自動で即座にセーブという原則上、それに従わなければやはり不正と言うことになる。データ破損の危険性とかそういう問題ではない。
本体の時計をいじるのは問題外で、そんなので強いポケモンがいてもそれは全て偽物であり、オンライン対戦の資格など無いと考えています。自分のオフラインのゲーム内だけで使うには全く構わないと思いますが、時計をいじって手に入れたメタモンで育てたポケモンもオンラインで使うには完全に真っ黒だ。
「データ改造」というまさに鬼畜の所業と言えることと比べればマシと言う人がいるかもしれないが、それはデータ改造が絶対に許せない行為であり、比較するまでもない悪行であるため。比較の対象にならんのですよ。データ改造と比べて正しいと考えてオンライン対戦が出来るというのなら、それは大間違いだ。
ただ、もしも時計をいじらない乱数計算が確立されたなら、それは技術の1つであると考えて認めて良いと思う。例えば、天候が晴れで巣穴ABCが残っている時に、巣穴Dにねがいのかたまりを入れるとレアになる等が計算できる等。
それはともかく、オンラインでポケモンを出すのに、ゲームの時計をいじるのはダメだ。

本来「裏技無し」「正攻法」なのは当たり前ですが、その中でのやり方を中々調べても出てこない。確かに本当にリセット無しの人はすごいとは思いますが、普通のリセットは「セコい」くらいに比べ、ねがいのかたまりリセットは「不正」、時計をいじれば「邪悪」というくらいの違いがあると言ってしかるべきだと思う。ファイアーエムブレムでも倒れたらやっぱりリセットしますが、別に不正ということではないでしょう。普通にリセットすることを時計いじりと比べれば五十歩百歩ではなく、零歩百歩の違いで、全く話にならないこと。

ちょっと話は逸れましたが、裏技無しでマックスレイド頑張っていきましょう。あとは運との戦いもありますが、私としてはオンラインのドラクエ10でのアクセサリー合成でいやというほど苦悶していますからね…昨日、ようやくアヌビスのアンクHPが完成で、結局完成までに2周しましたよ。途中、3年半休止しているので5年はかかっています(ブローチ完成も含めるともっと長い)。
60回の合成中、HP4は1度しか出なかったのです(確か39回目)。もし、HP4出現が5%とすれば、60回で一度のみというのは60回目で初めて出るということと確率が同じと考えて、約4.2%ということ。
こんなことはしょっちゅう起こります。「50%の確率で2%の確率を引く」みたいな確率の計算上はおかしなオカルトの話ですが、こうしたことに耐えるくらいの精神力がある程度は必要になりますかな。実際はブチ切れていますが。

ただ、幸運も時にはあります。今回のポケモン剣盾では、調べた上でムゲンダイナの厳選など時間の無駄と考えていたら、「ひかえめ」のムゲンダイナを引きましたし、もらった「タイプ:ヌル」も、厳選無しの1発勝負で即座にレポートしましたが、ジャッジできるようになってから見たら「ようき」を引いていましたから、これはかなりの確率で良い方に出ています。ザマゼンタは「のんき」でしたがね…これは運用法は無くはないですが、マックスレイドには合わないのでミントを。さすがに3匹とも性格が良すぎたらちょっと運が良すぎて怖いので、まあこのくらいで、というところ。

試行回数が多ければ確率通りに近くはなるので、ある面でツイていれば、別の面ではツイていなかったりします。あくまでもゲームなので、不運も(なるべく)楽しく受け入れていきましょう。

コントローラー不調に見る据え置きゲーム機の今後は…
2020年05月16日 (土) | 編集 |
自分が初めてゲーム機を買ったのはMSXでしたが、好きで買ったのではありませんでした。ファミコン欠品の時期がその昔一時的にありまして、その時期になって初めて家でも「ゲーム機を買ってよい」ということになったため、ファミコン買うつもりが仕方なく値段も倍はするMSXを買うことになってしまったのでした。

確かに、MSXにも「カラ丸珍道中」という都道府県を覚えるソフトがあって、そのおかげで全47都道府県を覚えることができたなどお世話にもなった面はあります。しかし、小学生、確か小3でお小遣いの全てとなる3万を自分で出してまでの価値はあったかというと疑問だったりする。やっぱりみんなと同じ「ファミコン」を持っているほうがクラスの人との話題が繋がるのですよ…別にMSXが悪いわけではないのですが。

小4の時にとうとうファミコンが家にも導入されました。それはそれはワクワクするもので、今でも家にファミコンが来た時のワクワク感は30年以上経った今でも覚えています。初めのソフトは「ドラクエ」と「ワルキューレの冒険」で、実は私は「ワルキューレ」のほうが楽しくてしばらくはそっちばかりやっていたのですが、それでも「ドラクエ」の話題は「ドラクエⅡ」が出る以前でも多く、これをきっかけに話をする人も出てきたくらいでした。

それから、ファミコンの任天堂にはゲームで色々な夢を見させてもらいました。生活の中で色々な困難があってもゲームのおかげで乗り切れたこともありました。社会人になってすぐのときはゲームをする余裕自体が無かった時期もありましたが、数年後にはなんとかゲームもできるように。まあ、その時期にはネット麻雀ばかりでしたが。

しかし、昨今のswitchやPS4のコントローラーの脆さを見ると、今後のゲームがスマートホン等のゲームにのみ込まれるのではないかと思うところがあります。switchもPS4もちょっと調べればコントローラが数カ月であっという間に壊れるということはいくらでも目にしますが、これはとんでもないことだ、と。

私はswitchを家に2台持っていますが、そのうちの1台はやはり早い段階でいわゆる「ジョイコンドリフト」状態になり、アナログスティックが使い物にならずゲームなんかできない状態になったわけです。

これがせめて1年くらいたってから一部の製品に起こるのならば仕方がないとは思います。しかし。ネット以外での実際に使っている人の話で見ても、使用頻度にもよりますが現状では3割くらいが半年程度で壊れてしまうのではないか。コントローラーが効かないというのはゲームにとって致命的過ぎるのです。バグが多すぎてフリーズしまくるソフトと大差がないものなのです。これまで任天堂には思い入れがあったものの、こんなに壊れやすいものを作ってそれを認めない態度には幻滅どころではない気持ちが拭えないのです。昭和50年代以前の、ある意味、一部の製品が壊れるのがある程度は想定の範囲内だった時代ならいざ知らず、今の時代でこれだけ壊れているのは信じられない気持ちであるのです。任天堂がだめならソニーは…と見ても結局PS4も調べればコントローラーが壊れすぎということばかりが出ていて、結局据え置きゲーム機の問題ではないかと感じてきた。

ゲームの複雑さにコントローラーが追い付いていないのではないか。switchの場合はアナログコントローラーが押し込めるということが、ゲームの表現方法を増やしているのかもしれないが、結局その機能のためにコントローラー暴走の原因になっているとも言われている。コントローラーはさすがに長持ちしないといけないんですよ。本体そのものよりはやや重要性は低いのは確かだが、コントローラー無しにゲームができないのは確かなので、その重要さはかなりのもの。2000円程度なら買い足せばよいものの、8000円はするとなると壊れたから買い替えれば良いというレベルではないです。こんなに壊れるコントローラー前提のゲームなら、もう無い方がいいのではないかと思ってしまうのです。

そうすると結局、ゲーム機ではないスマートホンやパソコンのほうがずっと良いということになる。switchのコントローラーを直そうと色々調べたり実行したりして本当に疲れてしまうくらいだったら、こんなのもういらない、とやめてしまったほうが早い。switchも今売れてはいるが、かなり不満はくすぶり続けているので、これが一気に爆発したらもう任天堂はもたないレベルにまでなる可能性も否定できない。今は私もそんなに任天堂を擁護したい気持ちが消えているので、そうなったらそうなったで報いだな…と思ってしまう。もしも横井軍平さんが存命であったらいったいどう感じていたのだろうか、と、ふと思ってしまう時もあるのです。

コントローラーが使い物にならない据え置きゲーム機は、人が離れて当然になるのかもしれない。確かに、据え置きゲーム機だからこそコントローラーの仕様をパソコンでは表現できないものに設定できるはずなので、そこに可能性があるとは思います。しかし、現状はそのコントローラーがまだ無謀な冒険状態で、まともに動くものを手に入れるほうが難しいのです(一応言っておくと、私が持っているswitch2台の内、1台は使用頻度が少ないということもあって、買って2年にはなるもののまだ不調はおきていません)。

据え置きゲーム機にしかできないことはあるはずですが、現状ではその可能性にコントローラーが追い付いていない。これはもしかしたら今後もコントローラーが追い付くのは(つまり、そう簡単に壊れないということ)無い可能性もあると思います。そうなれば据え置きゲーム機というもものは不要になるということも有り得ます。今のところは、テレビに付けられて家族団らんの場に置けるということや、子供にとってパソコンよりも電源を入れるところからの操作がしやすいということが利点ではあると思います。しかし、パソコンがもう少し身近になってきたら本当にゲーム専用機というのは不要になってしまうでしょう。現状でのコントローラーの脆さということは、それを一段階早めることになってしまう可能性もあります。しかし同時に、早い段階で克服してゲームの可能性を広げられたら、まだまだ据置機も捨てたもんではない、と明るい未来もあるかもしれません。

据置機でしか表現できない内容を本当に「コントロール」できるか、という点で、ゲームの内容よりも、コントローラーの耐久性ほうに据置機の未来が託されているように思うのです。



一応、このブログは捨てていないので
2020年04月28日 (火) | 編集 |
かなり久々にブログを書きますが、それに気づく人は自分以外一人もいないと思うので、記録程度に。

天鳳のアカウントはまたしても消えていました(数ヵ月前に確認)。これで特上アカウントで3回目ですね。まあ、こんなもんです。

ドラクエ10は細々とキッズタイムで続けていて、アカウントは決して消えていませんでした…そして、昨年の7月に3年半ぶりに復活して、現在はそれなりに継続。アヌビスのアンク、30回合成しても1回もHP4付かず。2週目の10回目くらい、累計40回目ほどにして初めてHP4が付く(1週目終了後の確定会心は除く)。これ、確率5%くらいなんだろうけど、全然つかないって。いい加減発狂。現在2周目の合成20回目だが状況変わらず。
これが当たり前だと思えよ!アンクはすぐに完成すると思うな!

なお、アヌビスアンクででHP4が付いた時、これが付かなかったら本当にドラクエ10完璧に止める決心で、そのつもりの最後の合成と思ったら、とうとうHP4が付いてあまりにも意表をつかれてドラクエ継続したと言う…。運命かね。やめようと思ったのは本気だったので。

最近の武漢肺炎の影響で、仕事が少なくなって時間はやや増えたものの、けっこう不安感があるためにまともにゲームもできないという状況。こんな時期だからこそ、半分触れずに過ごそうとしたブログに、たまには文を打とうと思ったのかもしれませんが。

今は、以前のように画像を上げる気力も少ないものの、今になって思えば、ブログを書いていたおかげで色々なパソコン関係の仕組みが分かったために仕事に生かせた内容もありました。何が幸いするかわからないですね。

ネットの時代に思うこと。そしてドラクエ10の日本破壊
2016年02月29日 (月) | 編集 |
酒酔いブログであることは、ここ数年変わっていない。泥酔に近くないとブログ書いていないですね。というか、酒を飲まない日が10日に1日あるかどうか。ほぼ毎日、ウイスキーならダブル3杯程度は飲むのでアルコール依存にならないか心配しながら飲むと言う、もう酒が止められない状況である(やや言い過ぎ)。

さて、2日ほど前に、何やら多くの人にこのブログを訪問して頂いたらしい。詳細は分からないが、多分ドラクエ関係で、1700アカウントの大量処分に抗議する方がリンクを張って頂いたのだと思われる。1ヵ月以上前の記事であるのに、有難いと思う。

本当に自分はドラクエ10は止めまして、今日は2月29日で2月の最終日。確か不思議の魔塔だったっけ。月1でカードかなんかを強化できるってヤツ。もう1月分も2月分もどうでもいいって感じで、全くINしてございません。ドラクエ10やめて久々に人間らしい生活が出来たという思いを実感できることばかりなわけよ。

端的に言えば、「普通」(「普通」の定義が難しいことは重々承知)の人ならばネットRPGはやめるべき。将来的に何もプラスにならない。しかし、これがネット将棋なら、将棋好きならば当然続けるべきなのだが、その違いは何か。

それは単純な話で、ネット上のキャラクターが強くなっても、そのゲームに盲目的にハマっている時以外は害悪でしかないということ。日本国民の生産性を下げる要因でしかない。それに対して、ネット将棋は、その本人の実力の向上でしか「強く」ならない。「ネット」という場を借りて、本人の普遍的な能力の向上になっているわけだ。今更言うほどのことでもない。

ネット将棋にハマっても、将棋に強くなれることの有益性がかなり大きく、自己の能力の向上になっていると言える。

しかし、ネットRPGにハマっている人間にはどうしても気づかない面がある。かつては自分もこの観点からネットRPGだけはするまいと思っていた。しかし、「ドラクエ」の名に負けたのだった。「ドラクエ」の正規のナンバリング作品、すなわちこれまでのⅠ~Ⅸと同等であるという、ドラクエというRPGの「Ⅹ」(テン)ということに、ネットへの敷居が下がってしまったのだった。途中までは確かに面白かった。しかし、ドラクエ10は、仕事と同時に行うには結局、何も残らないどころか害悪であった。ネットのキャラクターのみが強くなっても何にもならないのだ。学生か所謂「ニート」以外に、まともにやるべきものではなかったのである。勿論、所謂「ニート」に生きる力を与えるという点では素晴らしいし、その面での価値はあるとは思う。

結局自分は、「クロスペンデュラム・みのがす事件」を言い訳に、ドラクエ10を止めたかっただけなのかもしれない。ネット麻雀が、ドラクエ10に比べてどれほど高尚な世界であったか…。これはネットRPGをやる経験をした人間が、平成22年前後(皇紀2670年・西暦2010年頃)の天鳳関連のブログの隆盛を思い出した中では、特に思うところである。

ドラクエ10に対しては、「ネットRPGである以前にドラクエであれ」というのは、今でも思うところである。ドラクエ10運営にこのことが浸透していたならば、私のような古参のドラクエプレーヤーは決してドラクエ10を辞めることはなかっただろう。

もう、ドラクエ10関連のページはしばらく見ていないのでよくわからない。ただ、クロスペンデュラムによる「みのがす」はこれまでの普通のゲームと同じように「裏技」的なものとして処理して、単に後で不可にするだけでいいのにプレーヤを処分したもんだから、古参の人、特に自分のような40近い人には見放されたのではないか。本当に長期間続けるつもりだった人は自分のような年代の人だったのにねえ…と、ドラクエ10運営の近視眼的さを罵ってみる。まあ、運営の多数は自分よりも若いんだろうから、色々理解出来なくて残念でした、という言葉をかけるほかない。

自分としては、有難かった。本当に。ドラクエ10なんていう愚かなゲームをやめることができかから。洗脳が解けたみたいなものだった。

ネットに繋がっていないRPGは自分の息抜き程度にできる人間が多数になると考えるが、一度ネットに繋がったRPGをやってしまうと、その邪なる力に引き込まれてしまう人間が後を絶たない。これは麻薬・覚醒剤みたいなもので、やっている人間には当たり前に思っても、世間の認識からはズレてしまう。

今の韓国とかいう愚かな国が、なおさら朽ちている原因の主なものがネット、ネットRPGではないだろうか。あんな三流どころか十八流以下の国家(らしきもの)のことを気にする必要は本来ないのだが、なぜか国力の30%以上(推定)も用いてただただ日本を攻撃するという、そのため(無駄なことに国力を削いでいる)に国の発展も完全に止まった国はどうでもよく、勝手に日本を憎く思わせて発展を止めてやればよろし。ただし、醜いあがきのために日本の美しき心が穢されているのなら、手のつけられないアホに対して諌めるためには、本気で取りかからなければいけない。そこは日本も全力で取り組むべしということ。あんなアホには、日本の心の美しい面の、「自分がやっていないことも謝る」ことにより平和をもたらす、ということは何万年かけても理解できないので、徹底的に上から目線で潰すべし。

まあ、話は長くなったが、韓国みたいなアホな国家(韓国はもはや国家と呼べない無法野郎の巣窟だが)になりたくなかったら、少なくともネットRPGはやめて、うまく息抜き程度にできるネット関係のゲームか、将棋・囲碁・麻雀のような、自分の能力向上につなげられるタイプのネットゲームに限定して行うべきだろう。

さて、これまでドラクエ10をやってから、文体も激しくなった面はあるが、とりあえずこれからは元のネット麻雀ブログに近づけるつもりではある。自分が右派なのは当然としても、自分のブログでの文体が激しくなったのはドラクエ10の世界がギスギスしていたことも大きな要因であることは間違いない。と、人のせいにしてもみる。

しかし、かつての「月刊ネット麻雀」の音無さんを中心とした、ブログによる麻雀文化が衰退した今、果たして麻雀ブログはどうなるのか…という思いはある。

個人的には、6年前くらいの、ネット麻雀の楽しい面をブログで書いたらそのことが多くの人に伝わっているような、あの時代のようなことがもう一度起こったらいいのにな、と願ってはいる。多くの、ネット麻雀天鳳における「カリスマブロガー」がいたあの時代。

そして、ドラクエ10に対しては、運営の誤った判断により、その衰退が加速することを充分に予測できるものである。もう手の施しようが無い状態になって、ドラクエ10は消えてしまえ。


ドラゴンクエストX ブログランキングへ