FC2ブログ
麻雀ブログに復活。ブログ名も最初のものに。酒レビューもあります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


獺祭 焼酎
2018年05月02日 (水) | 編集 |
よくわからない時期に更新します。このブログは決して廃棄したわけではありませんので。

写真を持ってくるのが面倒のため写真無しの中で、酒のレビューとはいかがなものではある。しかし、先ほど飲んだ「獺祭 焼酎」について書きたくなっての記事である。

まず、どこで買えるか。

池袋の東武デパートの坂売り場、ここにたくさん置いてある。他の日本酒の獺祭と共にある。ついでに言うと、日本酒の購入も非常にしやすい。西武で売り切れていても、東武なら買えることも少なくない。

近頃、池袋東武の酒売り場がリニューアルされ、以前の、本当に以前の7~8年前くらいの規模にようやく戻った。場所も以前の地下1階に返り咲き、売り方もパワーアップしている。東武の酒売り場が縮小する中で、西武の日本酒売り場は躍進を遂げ、日本酒販売日本一になったようだが、ほぼすべての日本酒を冷蔵で販売しているところが大きいだろう。しかし、現在の東武の酒売り場はそれ以上の規模である。ここで買わない手はないだろう。

さて、本題の「獺祭 焼酎」だが、39度という原酒のアルコール度数にして、甘い香り、すなわち日本酒獺祭の香りが色濃く反映されている。確かに焼酎のために日本酒とは異なる味わいだが、香りに関しては日本酒のそれを色濃く反映しており、焼酎も飲める人にとっては獺祭の日本酒よりも好みになる可能性が十分にある。

酒粕焼酎であり、私は実は焼酎をよく飲む割には初めてのジャンルであったのだが(酒粕は苦手である)、香りの強さ、というか華やかさは中々のものである。現在は珍しさのほうが勝るかもしれないが…長期的には普通にお勧めできる焼酎であると、初めて飲んだ上で感じた次第であった。
スポンサーサイト

いつも通りの不運
2017年06月22日 (木) | 編集 |
六段に昇段してすぐ、4連ラスとかを3回くらい喰らい、守れば相手のツモツモツモ、攻めれば自分のリーチ時に掴み、掴み、掴み、と来て、何やっても勝てないまま4割くらいがラスで降段寸前まで行ったので、現アカも捨ててしばらくまた隠居しますわ。たまたま連ラスからの頭に血が上っての判断ミスもたった1回でさらにラスを重ねるどん底に。

七段は夢のまた夢だった。これまで安定段位で6.3くらいは平均して出していたのだが、大事な六段でこうも不運に付きまとわれては…。

ここまでの考察だが、どうも勝てない日は何やっても勝てない。多分、風水とか色々な運のめぐりがあって、デジタルだけでは良く分からん勝負の流れになっている。例えば12000のテンパイとかして、アガればトップのところを逆に掴んでラスというケースがあまりにも多すぎたため、これは何かに祟られているな、と。

6年半振りの天鳳六段昇段
2017年06月10日 (土) | 編集 |
以前、天鳳六段に昇段したのが西暦2011.1.23とある→http://snowmage.blog130.fc2.com/blog-entry-41.html

「あれから6年5か月、あの時僕は若かった」という感じではあるが、色々あって以前のアカウントが消えてから色々何回か作り直しては途中で止めたりして再びの六段。あの頃は30代そこそこだったのだが今や…という感じ。なお、全ての天鳳アカウントにおいて降段したことは未だかつてあらず。

それと、あの頃は「月間ネット麻雀」等を中心に天鳳打ちが活発にブログ等をやっていたなあ、と懐かしく思うところもある。

前回の記事でブログ書かんと書いてから1年以上、結局はその時のアカウントで細々と続けて819試合で六段になった。前回の時よりは少し試合数が少ないが、最初から上卓だったことは大きいかもしれない。特南を少し打っているということもあるが、特南だけだと安定段位が5.3くらいしかないのであまり足しになっていない(特東だと6.4ほどある)。

前回、即ち6年半前では、結局R2000という区切りの良さもあったり、現在よりも六段の地位がやや高かったということもあって、降段を恐れるあまり保存に走った結果、段位戦で六段として打つことがなかった。サブを作ったり、サブが6段昇段直前で大不調に陥ってしまったりで、六段としての段位戦はお預けのままアカウントが消えてしまったのだった。

まあ、今度はちゃんとやるということで、天鳳始めてから7年以上経って、初めて鳳凰卓に挑戦すべく六段で打ちます。
2017061014gm-0061-0000-66861dcdtw=2ts=0(六段初の段位戦待機画面)

初戦は2位であった。麻雀の実力向上ということも心掛けて、また細々と打ち続けていきたい。



後の祭り(多分最終記事)
2016年04月24日 (日) | 編集 |
四段まであと30ptでした。Rも1879あり、そのまま特上に上がって十分。そんな状態だった。今から29戦前のこと。この前の記事の後も夜中まで意地になっていたのだが。


テンパイ入れてから。


2016042322gm-00c1-0000-8bf549c6tw=1ts=3(ここでツモ切っていれば)



下家がリーチ。ここまで昇段戦を2回やって、2回ともラスっている身だったので、さすがに一発は避ければ、あとは逃げて下家がアガれば十分と考えた。9ソウは安全そうでも、ここまでこんな牌で振ってばかりだった。一発掴みの異様な多さに参っていた。手がでかいと3位陥落もあるので、とにかく逃げる。



2016042322gm-00c1-0000-8bf549c6tw=1ts=3(一発だけは避けて、後はアシストも…)



通ったばかりの8ピンを。



2016042322gm-00c1-0000-8bf549c6tw=1ts=3(これで特上だったのに)



それが、攻めていればアガって、特上だったという。いつものこと。自分が攻めた時はとにかく掴んで逃げたほうが良かったという結果で、自分が逃げた時は攻めてりゃ勝っていたということのほうがあまりにも多すぎると言う話。



2016042322gm-00c1-0000-8bf549c6tw=1ts=3(この後に親が猛攻)



この局は流局だったが、この後に親が猛攻掛けてトップを捲る。



その後自分は門前親跳ダマ喰らいまくるなどして3連ラスから、全く勝てず。

リーチを掛ければ他家の当たり牌を掴む。これは自分の常識。

上手く逃げた形になったらツモられ、特に自分の親の時に配牌バラバラで逃げるしかない時に跳満ツモられて、親かぶりでラスる。

それじゃ、自分が追っ掛けてあがった試しがない。全く30戦で追っ掛けリーチでアガれなかった。

というか先制リーチでもどうやら和了が一割切っているというこんな不運、今までに体験したことがない。大げさでなく、本当にこうなっていた。

たった30戦でRは120も急降下。ptも当然200以上下落。リャンメンでテンパっても何度も何度も振って、全く楽しくない。やっと特上でまともに天鳳打てるのがあと1ミリの所で、また100キロ先に遠のいてしまった。

特上も通過点でしかないわけだが、さすがにこれはもう潮時。ブログも今日をもって完全に更新を止めます。

なかなか楽しかった天鳳だったが、自分のような短気な人間には合わなかったようだ。根本的に、負けて金払えばいいリアルと違って、成績が記録されることのほうがずっと負けて苦しいものだった。

止めないつもりで天鳳を再開したが、この試合で実は四暗刻が河に流れていた。それが分かって、感じ取った。初代の雪魔道士時代に特上に上がった手が四暗刻だったのを考えて、四暗刻成就しなかった時点で、永遠にもう無理となる運命と受け止めた。

これまでありがとうございました。止めるのもこんな形のほうが良いだろう。

家庭と仕事にね、ちゃんと目を向けないといけないのよ。自分はもうやるべきではない。


天鳳もブログもやめた
2016年04月24日 (日) | 編集 |
四段昇段戦でほぼ確実にトップ取れるところから、まさかの断ラスの親の猛攻で捲られる。

そこからダマ喰らいまくって3連ラス。

さすがに怒って夜中まで打ったが、一向に改善せず。

ちょっと寝て、再開。

怒りを必死に抑えて書きますが。本当にこんな試合が夜中にずっと続きすぎて、本当に疲れて、やっぱりもうやるもんじゃないと思った。それがちょっと仮眠して起きたらまた同じようなことが。

2016042406gm-00c1-0000-2f6f25dctw=0ts=0(最後①)



上家、それ鳴かすならお前が喰らえよ。



2016042406gm-00c1-0000-2f6f25dctw=0ts=0(最後②)



ざけんなよ、8000も親かぶりで、4000余分で、これで大体ラスだよ。



2016042406gm-00c1-0000-2f6f25dctw=0ts=1(最後③)



亜リャンメンで形は多少悪いが先制テンパイくらい来いよ。



2016042406gm-00c1-0000-2f6f25dctw=0ts=1(最後④)



ふざけんなよ、結局1シャンテンは自分のほうが早くても、いつもこうだよ。



2016042406gm-00c1-0000-2f6f25dctw=0ts=1(最後⑤)



おい、自分はテンパることも許されねえのかよ。いつもこんなんバッカだ。リーチ掛けりゃ追っかけの一発掴み。それじゃ追っ掛けたらリーチ宣言牌が一発喰らい。



2016042406gm-00c1-0000-2f6f25dctw=0ts=2(最後いくつだああ3ソウでなくて悪かったよ)


上家も警戒はしたが、ああ、3ソウ出さない自分がワリイんだよ。それにしてもいつもこんなんドンピシャばかりで、こんなんバッカが本当に続くから、いい加減クソに思った。この後の局で役満出したら天鳳続けるが、そうでなかったので止める。

自分は6~7段エレベータくらいの力はあるはずだが、こうもこうも上卓ごときで苦しいのではもう意味が無い。

さいなら。



惰性であと数戦だけやっといて、多分、完全引退すると思う。4戦4トップとか以外は、多分。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。